私が転職をした理由

今回は「私が転職をした理由」を通して、私が転職する際に何に重きを置いたのかをお伝えしたいと思います!


当サイトにお越しのみなさんへ

日々、「人の心に寄り添う医療」を届けていただきありがとうございます。

私の考えや経験がみなさんの一助になれれば幸いです。


私は卒後6年目に転職をしました。医師としては、比較的早く職場を変えたことになります。

私の前の職場では、転職の前例はありませんでした。

先輩方はsubspecialityの習得のため、大学病院や○○センター, ○○研究所附属病院のような公的医療機関や心疾患の日本有数病院へのstep upをされていました。

私は誰にも相談できず、すべて自力で進めていくしかありませんでした。もちろん、内密に…。

 

 
うし先生

今回は、なぜ転職をする道を選んだのかをお話ししたいと思います。

 

転職希望医師の登録実績No1を更新中!医師転職ならエムスリーキャリア

人間関係

 

● 上司の突然の思いつきに振り回される

当時の上司は、毎回学会の準備は抄録締め切り3日前に突然、「このデータをまとめて!」というのがお決まりでした。

ほぼ徹夜で仕上げるしかなかったのは、今ではいい思い出です(笑)。

徹夜で仕上げたデータも解析結果が思うようにいかないと、再解析を繰り返すので精神的に擦り減りました。

数週間前に相談に行ったとしても、「今は忙しいし、直前にすればいいでしょ…」と軽くあしらわれたので、なかなか自分なりの解決方法が見つかりませんでした。

 

 
うし先生
もっと自分の情報処理能力が高ければ、こんな思いしなくていいのかなぁ…                            自分の根性がないだけなのかなぁ…

労働環境

 

残業時間の過少申告を強要される

ちょうど働き方改革が進んでいた時期に、「残業時間は○○時間以内で書いて」という指示がありました。

本来の残業時間より過少申告をすることに違和感を覚えました。

完全に労働基準法違反ですが、当時はまだ労働環境が荒んでおり、改革への急な院内対応が迫られた結果だと思いました。

しかし、私が医師になる前のテレビドラマでは、「身を粉にして患者さんに尽くす姿」が美徳のような描かれ方をしていたので、内心複雑な気持ちになったのを覚えています。

 

 
うし先生
医療に適切な労働時間を求める自分は非常識なのかなぁ…                             無償の精神で医療と向き合うことが妥当なのかなぁ…

給与

 
● 頑張ってもなかなか増えていかない給与体系
今の医療現場は年功序列で給与が増えていくシステムだと思います。
正直な話…若手医師の方が外来診療や入院診療をこなすので、労働時間が多くなります。
一方で、カテーテル治療の技術は上級医の方が上手いですし、診療での責任医師を担っている以上、年功序列になるのは致し方ないことだと思います。
だから、上級医にはそれなりに稼いでいただきたいのです!
自分が将来そのポジションになったときに、納得いく給与でないと働き続けるのはなかなか難しいと思います。
 
 
うし先生
今の給与も大事だけれども…上級医になったときに、嬉しい給与をいただきたい!

仕事内容

 

● 手技習得に時間がかかる

数年間、一通りの循環器疾患やカテーテル治療を経験し、心疾患の治療の基礎は学びました。

その次のstepを踏みたいと考えていたのですが、やや難易度の高い手技は常に上級医が担当しているのでなかなか自分にまで回ってこない状況でした。

この状況は多くの医療機関で起こり得ることだと思います(やっぱり、みんな治療したいですよね…(笑))。

手技は見ているのと、自分で治療するのとでは大きな乖離があると思います。

「自分で治療した後に課題を見つけて、上手な術者の手技を見て学ぶ」という姿勢が最も大事だと思います。

 

 
うし先生
自分の成長を止めずに、毎日課題と向き合いながら成長したい!

 

家族

 
● 大切な存在と向き合いたい
私の一番大切なものは、家族です。
家族との時間(特に子供との時間)を大切にしたいと思っています。
それには、オンとオフがきっちり決まっているメリハリのある職場環境が必要でした。
今までは、すべて担当医一任であり、休日も病院へ出勤する日々でした…。
普段の診療の中で、状況に応じた治療方針を明確にし、良好な医師-患者さん, 患者さんのご家族との関係を築く努力をしていれば、休日は当直医に委ねることが可能と考えています。
家族の病気や子供の学校行事など…自分の大切な存在が自分を必要としているときに、仕事と離れられる職場を必要としていました。
 
 
うし先生
家族が必要としているときに、快く送り出してくれる職場がいいなぁ…

まとめ

 
私は以下のことを十分に考えて、転職を決断しました。
人間関係
労働環境
給与
仕事内容
家族

 

ただし、すべてを転職先に求めたわけではありません。

特に、「人間関係」については水ものだと思います。
一人の人間が社会で生きている以上、人として「合う」「合わない」はあります。
どちらが「正しい」「誤っている」ということは一概に言い切れないというのが私の考えです。
実際に、職場を見学したとしても、その1日の雰囲気ですべてが分かるわけではないですし、仮に「生き生きとした」職場であったとしても、自分に合うかは別問題です。見学した際に職場の雰囲気が悪ければ、論外ですが…(笑)。
 
一方で…
労働環境や給与は十分なリサーチが可能です。
 
うし先生
「いろいろな病院の情報や条件を徹底的に分析」して、大きな決断をするべきだと思います。
 

リサーチをするには、転職エージェントを利用することを強くお勧めします。

 

なぜ転職エージェントを利用した方が良いのかを知りたい人は、こちらを参照してください!

関連記事

今回は転職する上で、転職エージェントを活用することがいかに重要かをお伝えしたいと思います!当サイトにお越しのみなさんへ日々、「人の心に寄り添う医療」を届けていただきありがとうございます。私の考えや経験がみなさんの一助にな[…]

こちらが最新記事です!